ゼニカルを服用後の放屁には注意が必要

無理な食事制限をしなくても簡単にダイエットができる便利なゼニカルは、服用すると食事に含まれている脂肪分を便と一緒に体外にそのまま排出してくれます。
なので余計なカロリーが体内に残らず、体脂肪の蓄積を防ぐことができます。
しかし、服用後にはおなかがゆるくなるような症状があらわれることもあるので、放屁のときには注意が必要です。

ゼニカルを飲んでいると、排便時に脂肪分を一緒に出す作用の関係で便がやわらかくなったり下痢になることがあります。
意識していないのに便がもれてしまったり、放屁のときのショックで肛門が緩んで便が少し出てしまうようなトラブルも起こります。
生理ナプキンの画像
対処するためには生理ナプキンを着用したり、トイレに行く回数を増やすなどなるべく腸に負担をかけず、安心して過ごせるようにする工夫が必要です。

ゼニカルは服用後に作用するまでの時間が短いので、次の日の排便時にはすでに便が水っぽくなったり下痢のような状態になります。
体の不調ではないのでお腹が痛くなったりウイルス性の下痢のような感じはなく、痛みや不快感を感じず水のような便が出てきます。
これは薬の作用によってカットされた脂分が体外に排出されている証拠なので、本来体脂肪になるはずだったカロリーがそのまま出てきたと判断できます。

脂肪分は液体状になっているので、放屁のときに筋肉がゆるむと下痢のように一緒に出てきてしまうことがあります。
自宅にいるときならすぐ下着を交換したりトイレに行ったりして対処できますが、外出時だと困ってしまい、オフィスや乗り物の中などで便のにおいがしたり衣類が汚れてしまうと大変です。
最悪の事態を回避するためにはゼニカルの服用中は必ず生理ナプキンを当てておくようにして、外出時でもトイレに行く回数を増やして便が漏れたりしていないか確認するようにしましょう。

放屁は我慢しているつもりでも何かの拍子に出てしまったり、睡眠中に無意識の状態で出てしまうこともあります。
ゼニカルの服用後はおならの原因になるような食物繊維が多い食べ物や肉類の摂取を控えめにしましょう。
アルコールは飲まないようにするなどなるべく胃腸の働きが活発になりすぎない食生活を心がけて、余計な放屁の回数を減らすような工夫をしましょう。
男性でも生理ナプキンを活用し、寝るときには介護用のパンツなど下半身全体を確実にガードしてくれるものを着用しておけば安心して生活ができます。

ゼニカル服用の急な便意には注意

ゼニカルの服用後に急な便意に襲われた時は、激しい下痢を起こしたり水のような便が大量に出てくることもあるので注意が必要です。
薬の作用で脂肪分が大量に液体化して体外に排出されるため、普段の排便時には便秘気味で堅いお通じの人でも柔らかい水のような状態でいきなり便が出てきます。
油断しているとトイレを汚してしまったり、近くにトイレがない場合はお尻の筋肉がゆるんで便が漏れてしまうような危険も考えられます。

急な便意があっても焦らないようにするためには、生理ナプキンや介護用品などを活用して便が漏れるの防ぐのが一番です。
特に外出時はいつトイレに行けるかわからないので、必ず下着と一緒に生理ナプキンを着用し、取り替え用も携帯するようにしましょう。
普段は規則正しい時間にお通じがある人も、ゼニカルの服用後は胃腸の状態が変化するのでいつもと違う時間に突然便意に襲われたり、予期しないタイミングでトイレに行きたくなったりします。
自宅にいて起きている時間なら問題ありませんが、オフィスで仕事をしているときや移動中、旅行中など簡単にトイレに行けない状況で便意がやってくることも多いので、最悪の事態を防ぐための工夫をしておきましょう。